不動産取引相談・契約トラブル相談
リックスブレイン           不動産コンサルタント 平野雅之
 お問い合わせ
 
 
HOME 個人向け相談業務 取材・執筆など 不動産売買の基礎知識
不動産関連ニュース


2012年

2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

木造3階建て戸建住宅は2か月連続の減少
 国土交通省が発表した10月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,281棟で前年同月比0.3%減、2か月連続の微減となった。このうち防火地域内の棟数は17棟、準防火地域内の棟数は1,622棟で同3.3%減、3か月ぶりの減少となった。(2012/12/28)

新設住宅着工戸数は3か月連続の増加
 国土交通省が発表した11月の新設住宅着工戸数は、80,145戸で前年同月比10.3%増、3か月連続の増加となった。季節調整済年率換算値は2か月連続で90万戸を上回った。このうち分譲住宅は21,479戸で同2.4%増、3か月連続の増加だった。分譲住宅のうちマンションは10,583戸で同4.7%減(3か月ぶりの減少)、一戸建住宅は10,806戸で同10.8%増(3か月連続の増加)だった。(2012/12/27)

住宅性能評価受付は設計が4か月連続の増加
 国土交通省が発表した10月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が18,144戸となり前年同月比12.1%増、4か月連続の増加となった。建設は16,858戸で同20.7%増、2か月連続の増加となった。(2012/12/27)

長期優良住宅認定は一戸建て住宅の増加が続く
 国土交通省が発表した11月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が9,067戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が40戸で、合計は前年同月比7.7%増の9,107戸だった。一戸建て住宅の認定戸数は同9.2%増で、2か月連続して前年同月を上回った。分譲マンションと思われる認定はなかった。(2012/12/14)

首都圏新築マンション発売戸数は3か月連続の減少
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、11月の新規発売戸数が4,093戸で前年同月比15.1%減、3か月連続の減少となった。契約率は同7.7ポイントダウンの71.9%で、埼玉県が46.0%に落ち込んだ。一方、近畿圏における11月の新規発売戸数は1,696戸で同20.7%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/12/13)

東京都の住宅着工は2か月連続の増加
 東京都が発表した10月の新設住宅着工戸数は13,174戸で前年同月比41.1%の大幅増、2か月連続の増加となった。このうち分譲住宅は5,285戸で同39.2%増、2か月連続の増加だった。分譲住宅のうちマンションは3,538戸で同61.3%増(2か月連続の増加)、一戸建住宅は1,743戸で同13.4%増(4か月連続の増加)だった。地域別では、区部が10か月連続の増加、市部が2か月連続の増加だった。(2012/12/6)

低炭素法施行
 都市集約化の誘導や二酸化炭素排出量の削減を目的とした「都市低炭素化促進法」が4日に施行され、同日付で住宅金融支援機構の「フラット35S」の住宅要件に「認定低炭素住宅」が加わった。(2012/12/4)

新設住宅着工戸数は2か月連続の増加
 国土交通省が発表した10月の新設住宅着工戸数は、84,251戸で前年同月比25.2%増、2か月連続の増加となった。8万戸台となるのは14か月ぶり。このうち分譲住宅は21,064戸で同14.2%増、2か月連続の増加だった。分譲住宅のうちマンションは10,334戸で同17.8%増(2か月連続の増加)、一戸建住宅は10,656戸で同11.8%増(2か月連続の増加)だった。地域別では、首都圏と中部圏が分譲マンション、分譲一戸建住宅とも大幅な増加だったのに対し、近畿圏はいずれも減少だった。(2012/11/30)

木造3階建て戸建住宅は2か月ぶり微減
 国土交通省が発表した9月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,097棟で前年同月比0.7%減、2か月ぶりの減少となった。このうち防火地域内の棟数は31棟、準防火地域内の棟数は1,597棟で同3.1%増、2か月連続の増加となった。(2012/11/30)

住宅性能評価受付は設計が3か月連続の増加
 国土交通省が発表した9月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が16,622戸となり前年同月比2.0%増、3か月連続の増加となった。建設は13,957戸で同3.7%増、4か月ぶりの増加となった。受付の累計戸数は、設計が200万戸、建設が160万戸を突破した。(2012/11/30)

住宅エコポイントの申請状況
 国土交通省が発表した10月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が38,128戸、リフォームが10,990戸で、合計は49,118戸だった。(2012/11/16)

首都圏新築マンション発売戸数は東京都で大幅減
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、10月の新規発売戸数が2,887戸で前年同月比14.4%減、2か月連続の減少となった。契約率は同2.1ポイントアップの72.7%で、2か月ぶりに70%台を回復した。地域別では東京23区が25.7%減、東京都全体で26.6%減だった。一方、近畿圏における10月の新規発売戸数は2,109戸で同7.6%減、2か月ぶりの減少となった。(2012/11/15)

長期優良住宅認定は14か月ぶりに1万戸超
 国土交通省が発表した10月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が9,943戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が450戸で、合計は前年同月比28.9%増の10,393戸だった。一戸建て住宅の認定戸数は同24.3%増で、8か月ぶりに前年同月を上回った。共同住宅等では埼玉県で419戸の認定があり、分譲マンションと考えられる。(2012/11/15)

東京都の住宅着工は4か月ぶりの増加
 東京都が発表した9月の新設住宅着工戸数は11,077戸で前年同月比17.2%増、4か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は4,993戸で同25.1%増、2か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは3,450戸で同42.2%増(2か月ぶりの増加)、一戸建住宅は1,539戸で同0.7%増(3か月連続の増加)だった。地域別では、大幅な減少が続いていた市部が6か月ぶりの増加となった。(2012/11/6)

新設住宅着工戸数は4か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した9月の新設住宅着工戸数は、74,176戸で前年同月比15.5%増、4か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は19,410戸で同4.8%増、2か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは9,219戸で同1.8%増(2か月ぶりの増加)、一戸建住宅は10,135戸で同7.9%増(2か月ぶりの増加)だった。(2012/10/31)

木造3階建て戸建住宅は3か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した8月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,348棟で前年同月比16.3%増、3か月ぶりの増加となった。このうち防火地域内の棟数は40棟、準防火地域内の棟数は1,704棟で同16.7%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/10/31)

住宅性能評価受付は設計が2か月連続の増加
 国土交通省が発表した8月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が16,673戸となり前年同月比15.9%増、2か月連続の増加となった。建設は12,522戸で同3.6%減、3か月連続の減少となった。(2012/10/26)

住宅エコポイントの申請状況
 国土交通省が発表した9月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が27,777戸、リフォームが13,218戸で、合計は40,995戸だった。(2012/10/19)

首都圏新築マンション、契約率は13か月ぶりに70%割れ
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、9月の新規発売戸数が3,366戸で前年同月比9.3%減、2か月ぶりの減少となった。契約率は同8.4ポイントダウンの69.3%で、13か月ぶりに70%を割り込んだ。一方、近畿圏における9月の新規発売戸数は1,981戸で同1.2%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/10/16)

長期優良住宅認定、一戸建て住宅の前年割れが続く
 国土交通省が発表した9月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が8,343戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が164戸で、合計は前年同月比0.01%減の8,507戸だった。一戸建て住宅の認定戸数は同0.8%減で、7か月連続して前年同月を下回った。共同住宅等では東京都で130戸の認定があり、分譲マンションと考えられる。(2012/10/15)

東京都の住宅着工は3か月連続の減少
 東京都が発表した8月の新設住宅着工戸数は12,628戸で前年同月比9.4%減、3か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は5,834戸で同21.3%減、2か月ぶりの減少だった。分譲住宅のうちマンションは3,830戸で同32.4%減(2か月ぶりの減少)、一戸建住宅は1,878戸で同11.1%増(2か月連続の増加)だった。一方で、持家は1,844戸で同2.5%増、13か月ぶりに増加へ転じた。地域別では区部が9,821戸で同3.3%増(8か月連続の増加)だったのに対し、市部は2,768戸で同36.9%減(5か月連続の減少)だった。(2012/10/4)

新設住宅着工戸数は3か月連続の減少
 国土交通省が発表した8月の新設住宅着工戸数は、77,500戸で前年同月比5.5%減、3か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は21,228戸で同2.5%減、2か月ぶりの減少だった。分譲住宅のうちマンションは10,262戸で同4.0%減(2か月ぶりの減少)、一戸建住宅は10,768戸で同2.0%減(4か月ぶりの減少)だった。(2012/9/28)

木造3階建て戸建住宅は2か月連続の減少
 国土交通省が発表した7月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,397棟で前年同月比11.8%減、2か月連続の減少となった。このうち防火地域内の棟数は36棟、準防火地域内の棟数は1,729棟で同10.6%減、4か月ぶりの減少となった。(2012/9/28)

住宅性能評価受付は設計が3か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した7月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が16,391戸となり前年同月比0.6%増、3か月ぶりの増加となった。建設は15,696戸で同5.6%減、2か月連続の減少となった。(2012/9/27)

住宅エコポイントの申請状況
 国土交通省が発表した8月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が22,318戸、リフォームが11,034戸で、合計は33,352戸だった。7月に比べ約10%減少した。(2012/9/21)

長期優良住宅認定は一戸建て累計が30万戸を突破
 国土交通省が発表した8月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が8,923戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が841戸で、合計は前年同月比12.7%減の9,764戸だった。一戸建て住宅の認定戸数は6か月連続で前年同月を下回ったものの、累計では30万戸を突破した。共同住宅等では東京都で798戸の認定があり、分譲マンションと考えられる。(2012/9/14)

首都圏新築マンション、契約率は80%超
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、8月の新規発売戸数が2,704戸で前年同月比17.3%増、2か月ぶりの増加となった。契約率は同10.6ポイントアップの80.5%で、12か月連続の70%超、4か月ぶりの80%超となった。地域別の契約率では神奈川県が83.4%、埼玉県が94.0%だった。一方、近畿圏における8月の新規発売戸数は1,276戸で同0.5%減、6か月ぶりの減少となった。(2012/9/13)

東京都の住宅着工は2か月連続の減少
 東京都が発表した7月の新設住宅着工戸数は12,487戸で前年同月比0.4%減、2か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は6,252戸で同21.9%増、2か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは4,402戸で同25.9%増(2か月ぶりの増加)、一戸建住宅は1,777戸で同11.7%増(2か月ぶりの増加)だった。地域別では区部が9,603戸で同4.0%増(7か月連続の増加)だったのに対し、市部は2,842戸で同12.4%減(4か月連続の減少)だった。(2012/9/6)

新設住宅着工戸数は2か月連続の減少
 国土交通省が発表した7月の新設住宅着工戸数は、75,421戸で前年同月比9.6%減、2か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は20,482戸で同1.2%増、2か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは9,920戸で同1.4%増(3か月ぶりの増加)、一戸建住宅は10,428戸で同0.5%増(3か月連続の増加)だった。(2012/8/31)

木造3階建て戸建住宅は3か月ぶりの減少
 国土交通省が発表した6月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,494棟で前年同月比1.2%減、3か月ぶりの減少となった。このうち防火地域内の棟数は33棟、準防火地域内の棟数は1,833棟で同0.3%増、3か月連続の増加となった。(2012/8/31)

住宅性能評価受付は設計が2か月連続の減少
 国土交通省が発表した6月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が15,668戸となり前年同月比24.5%減、2か月連続の減少となった。建設は13,503戸で同17.7%減、2か月ぶりの減少となった。(2012/8/31)

不動産価格指数(住宅)の試験運用を開始
 国土交通省が国際指針に基づく不動産価格指数(住宅)の試験運用を開始し、1回目となる平成24年4月分(速報)が公表された。平成20年度(2008年度)平均を100として、土地・建物付土地は89.0、マンションは106.8だった。(2012/8/29)

住宅エコポイント申請は前月比約20%減
 国土交通省が発表した7月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が25,393戸、リフォームが11,585戸で、合計は36,978戸だった。6月に比べ約20%減の水準だった。(2012/8/24)

首都圏新築マンション発売戸数は微減
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、7月の新規発売戸数が4,033戸で前年同月比1.0%減、2か月ぶりの減少となった。契約率は同3.0ポイントダウンの73.2%で、11か月連続の70%超となった。地域別では神奈川県が同46.9%減だったのに対して、千葉県は同4.57倍だった。一方、近畿圏における7月の新規発売戸数は2,599戸で同66.6%の大幅増、5か月連続の増加となったほか、契約率は同5.0ポイントアップの80.1%で2か月連続の80%超となった。(2012/8/16)

長期優良住宅認定の前年割れが続く
 国土交通省が発表した7月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が9,128戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が42戸で、合計は前年同月比27.9%減の9,170戸だった。分譲マンションと思われる認定はなく、一戸建て住宅の認定戸数も5か月連続で前年同月を下回った。(2012/8/15)

東京都の住宅着工は2か月ぶりの減少
 東京都が発表した6月の新設住宅着工戸数は11,200戸で前年同月比3.8%減、2か月ぶりの減少となった。このうち分譲住宅は4,903戸で同9.0%減、2か月ぶりの減少だった。分譲住宅のうちマンションは3,085戸で同10.4%減(2か月ぶりの減少)、一戸建住宅は1,802戸で同4.9%減(2か月ぶりの減少)だった。地域別では区部が8,882戸で同9.2%増(6か月連続の増加)だったのに対し、市部は2,264戸で同34.6%減(3か月連続の大幅な減少)だった。(2012/8/6)

新設住宅着工戸数は5か月ぶりの減少
 国土交通省が発表した6月の新設住宅着工戸数は、72,566戸で前年同月比0.2%減、5か月ぶりの減少となった。このうち分譲住宅は17,724戸で同7.2%減、5か月ぶりの減少だった。分譲住宅のうちマンションは7,036戸で同20.2%減(2か月連続の減少)、一戸建住宅は10,647戸で同4.4%増(2か月連続の増加)だった。(2012/7/31)

木造3階建て戸建住宅は2か月連続の増加
 国土交通省が発表した5月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,135棟で前年同月比3.2%増、2か月連続の増加となった。このうち防火地域内の棟数は35棟、準防火地域内の棟数は1,568棟で同2.4%増、2か月連続の増加となった。(2012/7/31)

住宅性能評価受付は設計が2か月ぶりの減少
 国土交通省が発表した5月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が15,483戸となり前年同月比7.5%減、2か月ぶりの減少となった。建設は15,834戸で同16.4%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/7/27)

住宅エコポイント申請は大幅減
 国土交通省が発表した6月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が25,582戸、リフォームが20,106戸で、合計は45,688戸だった。5月に比べ新築が約32.4%減、リフォームが約41.7%減だった。(2012/7/27)

首都圏新築マンション発売戸数は2か月ぶりの増加
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、6月の新規発売戸数が4,007戸で前年同月比16.4%増、2か月ぶりの増加となった。契約率は同0.5ポイントダウンの78.7%で、10か月連続の70%超となった。一方、近畿圏における6月の新規発売戸数は2,096戸で同11.0%増、4か月連続の増加となったほか、契約率は同6.7ポイントアップの81.6%で4か月連続の70%超、2006年8月以来ほぼ6年ぶりの80%超となった。(2012/7/18)

長期優良住宅の認定が大幅減
 国土交通省が発表した6月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が8,555戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が36戸で、合計は前年同月比21.1%減の8,591戸だった。分譲マンションと思われる認定はなかった。(2012/7/13)

東京都の住宅着工は2か月ぶりの増加
 東京都が発表した5月の新設住宅着工戸数は12,491戸で前年同月比11.9%増、2か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は6,043戸で同18.6%増、2か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは4,229戸で同21.5%増(2か月ぶりの増加)、一戸建住宅は1,777戸で同10.2%増(3か月ぶりの増加)だった。地域別では区部が10,471戸で同36.8%増(5か月連続の増加)だったのに対し、市部は1,987戸で同42.6%減(2か月連続の減少)だった。(2012/7/5)

復興支援・住宅エコポイント予約申込の受付が終了
 「復興支援・住宅エコポイント」の予約申込は、7月4日午前9時到着分をもって受付終了となったことが国土交通省より発表された。被災地については引き続き10月末を目途に継続される。(2012/7/4)

路線価は4年連続の下落
 国税庁が発表した今年1月1日時点の路線価は、全国平均で2.8%の下落となり、下落幅は前年の3.1%から縮小した。4年連続してすべての都道府県が下落だったものの、大都市圏では小幅な下落にとどまり、底打ち感も広がった。その一方で、21県では前年よりも下落幅の拡大がみられた。(2012/7/2)

新設住宅着工戸数は4か月連続の増加
 国土交通省が発表した5月の新設住宅着工戸数は、69,638戸で前年同月比9.3%増、4か月連続の増加となった。このうち分譲住宅は19,644戸で同4.4%増、4か月連続の増加だった。分譲住宅のうちマンションは9,688戸で同3.2%減(4か月ぶりの減少)、一戸建住宅は9,881戸で同12.3%増(2か月ぶりの増加)だった。地域別では分譲一戸建住宅がいずれも増加だったのに対し、分譲マンションは近畿圏が大幅増だったものの他はすべて減少だった。(2012/6/29)

木造3階建て戸建住宅は2か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した4月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,308棟で前年同月比10.7%増、2か月ぶりの増加となった。このうち防火地域内の棟数は28棟、準防火地域内の棟数は1,746棟で同13.7%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/6/29)

住宅性能評価受付は設計が4か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した4月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が18,201戸となり前年同月比17.1%増、4か月ぶりの増加となった。建設は14,096戸で同1.0%減、3か月ぶりの減少となった。(2012/6/29)

住宅エコポイント申請受付はリフォームが増加
 国土交通省が発表した5月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が37,850戸、リフォームが34,485戸で、合計は72,335戸だった。4月に比べ新築は約13%減、リフォームは約37%増だった。(2012/6/29)

復興支援・住宅エコポイントを前倒し終了
 今年1月から受付が開始された「復興支援・住宅エコポイント」について、当初の10月末着工分までの予定を3か月前倒しして、7月中旬から下旬に打ち切ることが国土交通省より発表された。被災地については引き続き10月末を目途に、予算額に達するまで継続される。(2012/6/19)

首都圏新築マンション発売戸数は2か月ぶりの減少
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、5月の新規発売戸数が3,329戸で前年同月比14.9%減、2か月ぶりの減少となった。契約率は同3.6ポイントダウンの75.6%で、9か月連続の70%超となった。一方、近畿圏における5月の新規発売戸数は2,060戸で同15.7%増、3か月連続の増加となったほか、契約率は75.3%で3か月連続の70%台となった。(2012/6/18)

長期優良住宅の認定は微増
 国土交通省が発表した5月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が8,038戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が195戸で、合計は前年同月比0.07%増の8,233戸だった。共同住宅等では東京都で166戸の認定があり、分譲マンションの可能性がある。(2012/6/15)

東京都の住宅着工は3か月ぶりの減少
 東京都が発表した4月の新設住宅着工戸数は11,333戸で前年同月比8.2%減、3か月ぶりの減少となった。このうち分譲住宅は5,501戸で同17.2%減、3か月ぶりの減少だった。分譲住宅のうちマンションは3,972戸で同18.7%減(3か月ぶりの減少)、一戸建ては1,471戸で同14.0%減(2か月連続の減少)だった。地域別では区部が8,705戸で同4.3%増だったのに対し、市部が2,590戸で同34.5%減と大幅に落ち込んだ。(2012/6/6)

新設住宅着工戸数は3か月連続の増加
 国土交通省が発表した4月の新設住宅着工戸数は、73,647戸で前年同月比10.3%増、3か月連続の増加となった。このうち分譲住宅は22,969戸で同13.0%の増加(3か月連続の増加)。分譲住宅のうちマンションは13,734戸で同27.0%の増加(3か月連続の増加)、一戸建住宅は9,147戸で同2.8%の減少(6か月ぶりの減少)だった。(2012/5/31)

木造3階建て戸建住宅は2か月ぶりの減少
 国土交通省が発表した3月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,264棟で前年同月比2.3%減、2か月ぶりの減少となった。このうち防火地域内の棟数は30棟、準防火地域内の棟数は1,632棟で同3.9%減、2か月ぶりの減少となった。(2012/5/31)

地価の上昇または横ばいが約7割に
 国土交通省が発表した平成24年第1四半期の「地価LOOKレポート」では、全国150の調査対象地区のうち上昇が22(前回16)、横ばいが80(前回70)、下落が48(前回64)となり、68%の地区が上昇または横ばいだった。新たに調査対象地区に加えられた「とうきょうスカイツリー駅周辺」は、全国で唯一、3%以上の上昇とされた。(2012/5/30)

住宅性能評価受付は設計が3か月連続の減少
 国土交通省が発表した3月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が16,181戸となり前年同月比4.8%減、3か月連続の減少となった。建設は16,211戸で同20.7%増、2か月連続の増加となった。建設住宅性能評価の累計交付戸数は140万戸を突破した。(2012/5/29)

住宅エコポイント申請受付は新築が増加
 国土交通省が発表した4月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が43,392戸、リフォームが25,231戸で、合計は68,623戸だった。3月に比べ新築は約58%増、旧制度の受付が3月末で終了したリフォームは約3%減だった。(2012/5/18)

首都圏新築マンション契約率は震災後初の80%超
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、4月の新規発売戸数が4,211戸で前年同月比81.7%増、2か月ぶりの増加となった。1994年10月以来の大幅増で、東日本大震災後の反動増のほか大型物件の供給も目立った。契約率は前年同月比5.7ポイントアップの81.8%で、震災後初めて80%を上回った。一方、近畿圏における4月の新規発売戸数は1,461戸で前年同月比30.9%増、2か月連続の増加となったほか、契約率は78.2%で2か月連続の70%台となった。(2012/5/17)

長期優良住宅の認定は「共同住宅等」が過去最多
 国土交通省が発表した4月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が7,451戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が1,234戸で、合計は前年同月比22.2%増の8,685戸だった。共同住宅等の認定が制度開始以来最多となったほか、このうち1,207戸が東京都であり大型分譲マンションを含むものと考えられる。(2012/5/15)

東京都の住宅着工は2か月連続の増加
 東京都が発表した3月の新設住宅着工戸数は10,739戸で前年同月比11.9%増、2か月連続の増加となった。このうち分譲住宅は5,239戸で同25.6%増、2か月連続の増加だった。分譲住宅のうちマンションは3,666戸で同44.3%増(2か月連続の増加)、一戸建ては1,553戸で同1.1%減(2か月ぶりの減少)だった。一方、持家は1,414戸で同2.9%減、8か月連続の減少となった。(2012/5/8)

平成23年度の新設住宅着工戸数は2年連続の増加
 国土交通省が発表した平成23年度の新設住宅着工戸数は、841,246戸で前年度比2.7%増、2年連続の増加となったものの、依然として低い水準にとどまった。このうち分譲住宅は239,086戸で同12.7%の増加(2年連続の増加)。分譲住宅のうちマンションは120,092戸で同22.8%の増加(2年連続の増加)、一戸建住宅は117,979戸で同4.0%の増加(2年連続の増加)だった。持家は304,822戸で同1.2%の減少(2年ぶりの減少)だった。(2012/4/27)

新設住宅着工戸数は2か月連続の増加
 国土交通省が発表した3月の新設住宅着工戸数は、66,597戸で前年同月比5.0%増、2か月連続の増加となった。このうち分譲住宅は20,245戸で同11.8%の増加(2か月連続の増加)。分譲住宅のうちマンションは10,441戸で同20.4%の増加(2か月連続の増加)、一戸建住宅は9,703戸で同4.1%の増加(5か月連続の増加)だった。分譲マンションの地域別では、首都圏が1.3%減だったのに対し、他の地域はいずれも2ケタの増加だった。(2012/4/27)

木造3階建て戸建住宅は4か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した2月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,164棟で前年同月比8.4%増、4か月ぶりの増加となった。このうち防火地域内の棟数は25棟、準防火地域内の棟数は1,675棟で同16.2%増、4か月ぶりの増加となった。木造4階建ても1棟あった。(2012/4/27)

住宅性能評価受付は設計が2か月連続の減少
 国土交通省が発表した2月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が15,159戸となり前年同月比1.6%減、2か月連続の減少となった。建設は12,990戸で同5.8%増、3か月ぶりの増加となった。(2012/4/26)

住宅エコポイント申請受付はリフォームが急増
 国土交通省が発表した3月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が27,685戸、リフォームが26,042戸で、合計は53,727戸だった。2月に比べ新築が約1割増、リフォームがほぼ倍増だった。(2012/4/20)

首都圏新築マンション発売戸数は5か月ぶりの減少
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、3月の新規発売戸数が3,462戸で前年同月比6.1%減、5か月ぶりの減少となった。契約率は前年同月比で0.5ポイントダウンの79.2%で、7か月連続の70%台となった。一方、近畿圏における3月の新規発売戸数は2,316戸で前年同月比34.7%増、3か月ぶりの増加となったほか、契約率は78.5%で4か月ぶりの70%台となった。(2012/4/17)

長期優良住宅の認定は再び減少へ
 国土交通省が発表した3月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が7,121戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が496戸で、合計が前年同月比13.4%減の7,617戸だった。2月は6か月ぶりに前年同月を上回ったものの、再び減少に転じた。共同住宅等では千葉県で411戸、福岡県で44戸の認定があり、分譲マンションの可能性もある。(2012/4/13)

東京都の住宅着工は分譲住宅が6か月ぶりの増加
 東京都が発表した2月の新設住宅着工戸数は12,098戸で前年同月比17.8%増、3か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は5,982戸で同12.5%増、6か月ぶりの増加だった。分譲住宅のうちマンションは4,365戸で同16.7%増(6か月ぶりの増加)、一戸建ては1,589戸で同0.8%増(2か月ぶりの増加)だった。一方、持家は1,456戸で同3.6%減、7か月連続の減少となった。(2012/4/5)

新設住宅着工戸数は6か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した2月の新設住宅着工戸数は、66,928戸で前年同月比7.5%増、6か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は21,308戸で同13.1%の増加(3か月ぶりの増加)。分譲住宅のうちマンションは11,254戸で同19.5%の増加(3か月ぶりの増加)、一戸建住宅は9,967戸で同6.2%の増加(4か月連続の増加)だった。持家も22,462戸で同1.5%の増加となり、6か月ぶりに増加へ転じた。(2012/3/30)

木造3階建て戸建住宅は3か月連続の減少
 国土交通省が発表した1月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は1,634棟で前年同月比10.4%減、3か月連続の減少となった。このうち防火地域内の棟数は22棟、準防火地域内の棟数は1,253棟で同4.7%減、3か月連続の減少となった。(2012/3/30)

住宅性能評価はふたたび減少へ
 国土交通省が発表した1月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が14,502戸となり前年同月比6.5%減、2か月ぶりの減少となった。建設は11,987戸で同26.7%減、2か月連続の減少となった。(2012/3/27)

住宅エコポイント申請受付はリフォームが増加
 国土交通省が発表した2月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が24,471戸、リフォームが13,440戸で、合計は37,911戸だった。1月に比べ新築が約2割減となったものの、リフォームは約2.5倍増だった。(2012/3/23)

公示地価は4年連続の下落
 国土交通省が発表した2012年1月1日時点の公示地価は、住宅地の全国平均が2.3%の下落、商業地の全国平均が3.1%の下落で、いずれも前年より下落幅が縮小したものの、4年連続の下落となった。上昇地点(全用途)の数は546で、前年の193から大幅に増加した。東日本大震災の被災地では、大幅な上昇地点と大幅な下落地点とが混在し、地価の二極化も目立つ結果となった。(2012/3/22)

首都圏新築マンション発売戸数は4か月連続の増加
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、2月の新規発売戸数が3,918戸で前年同月比13.0%増、4か月連続の増加となった。前月比ではほぼ倍増の115.4%増。契約率は前年同月比で9.5ポイントダウンしたものの75.3%を維持し、6か月連続の70%台となった。一方、近畿圏における2月の新規発売戸数は1,394戸で前年同月比7.1%減、2か月連続の減少となったほか、契約率も3か月連続の70%割れだった。(2012/3/15)

長期優良住宅の認定は6か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した2月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が7,551戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が243戸で、合計が7,794戸だった。6か月ぶりに前年同月を上回ったほか、共同住宅等では静岡県で197戸の認定があり、分譲マンションの可能性もある。(2012/3/15)

住宅エコポイントは予約制に
 「復興支援・住宅エコポイント事業」について、国土交通省は5月1日から予約制度を導入することを発表した。5月1日以降に工事が完了したものについては、すべて事前予約手続きが必要となる。4月30日以前に工事が完了したものについては、5月31日まで現行どおりの申請方法を認め、6月1日以降の申請は事前予約が必要となる。(2012/3/15)

東京都の住宅着工は分譲住宅が5か月連続の減少
 東京都が発表した1月の新設住宅着工戸数は10,265戸で前年同月比0.8%減、2か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は4,930戸で同12.8%減、5か月連続の減少だった。分譲住宅のうちマンションは3,497戸で同13.2%減(5か月連続の減少)、一戸建ては1,402戸で同11.6%減(3か月ぶりの減少)だった。(2012/3/6)

新設住宅着工戸数は5か月連続の減少
 国土交通省が発表した1月の新設住宅着工戸数は、65,984戸で前年同月比1.1%減、5か月連続の減少となった。このうち分譲住宅は19,813戸で同0.5%の減少(2か月連続の減少)。分譲住宅のうちマンションは10,167戸で同2.6%の減少(2か月連続の減少)、一戸建住宅は9,594戸で同2.3%の増加(3か月連続の増加)だった。貸家は5か月ぶりの増加となったものの、持家は5か月連続の減少だった。(2012/2/29)

木造3階建て戸建住宅は2か月連続の減少
 国土交通省が発表した12月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,279棟で前年同月比5.3%減、2か月連続の減少となった。このうち防火地域内の棟数は43棟、準防火地域内の棟数は1,678棟で同3.1%減、2か月連続の減少となった。(2012/2/29)

住宅性能評価、設計は6か月ぶりの増加
 国土交通省が発表した12月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が19,481戸となり前年同月比29.1%増、6か月ぶりの増加となった。建設は14,903戸で同1.0%減、2か月ぶりの減少となった。平成14年12月から始まった既存住宅の性能評価は、制度運用開始から9年で受付累計がようやく3,000戸に達した。(2012/2/27)

住宅エコポイント申請受付は減少
 国土交通省が発表した1月の住宅エコポイント(旧制度および復興支援・住宅エコポイントの合計)申請状況は、新築住宅が29,449戸、リフォームが5,224戸で、合計は34,673戸だった。復興支援・住宅エコポイントの申請受付は1月25日に始まったばかりで、集計に含まれる戸数は明らかにされなかった。(2012/2/24)

全国新築マンション発売戸数は2年連続の増加
 不動産経済研究所が発表した全国マンション市場動向では、2011年の新規発売戸数が86,582戸で前年比2.2%増、2年の増加となった。首都圏・近畿圏が減少したものの、九州地区、中国地区が大幅に増加した。事業主別供給戸数は三菱地所レジデンスが初のトップとなった。(2012/2/23)

首都圏新築マンション発売戸数は3か月連続の増加
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、1月の新規発売戸数が1,819戸で前年同月比32.6%増、3か月連続の増加となった。都下が約3.4倍、埼玉県が約4.3倍など大幅な増加となったほか、1月としては8年ぶりに前年を上回った。契約率は同2.2ポイントダウンの71.1%で、5か月連続の70%台となった。一方、近畿圏における1月の新規発売戸数は1,007戸で前年同月比22.6%減、2か月ぶりの減少となった。(2012/2/16)

長期優良住宅の認定は5か月連続の減少
 国土交通省が発表した1月の長期優良住宅認定戸数は一戸建て住宅が6,484戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が29戸で、合計が6,513戸だった。前月比では22.7%減、前年同月比では5か月連続の減少となり、引き続き分譲マンションの認定はなかった。(2012/2/15)

東京都の住宅着工は分譲住宅が4か月連続の減少
 東京都が発表した12月の新設住宅着工戸数は9,288戸で前年同月比11.7%減、2か月ぶりの減少となった。このうち分譲住宅は4,386戸で同9.7%減、4か月連続の減少だった。分譲住宅のうちマンションは2,753戸で同16.1%減(4か月連続の減少)、一戸建ては1,595戸で同3.4%増(2か月連続の増加)だった。同時に発表された平成23年の年間新設住宅着工戸数は130,700戸で前年比9.0%増、2年連続の増加だった。このうち分譲住宅は61,509戸で同23.1%増、分譲マンションは同29.9%増、分譲一戸建ては同10.6%増で、いずれも2年連続の増加だった。(2012/2/6)

年間の新設住宅着工戸数は2年連続の増加
 国土交通省が発表した平成23年の年間新設住宅着工戸数は、834,117戸で前年比2.6%増、2年連続の増加となった。このうち分譲住宅は234,571戸で同16.2%の増加(2年連続の増加)。分譲住宅のうちマンションは116,755戸で同28.9%の増加(2年連続の増加)、一戸建住宅は116,798戸で同5.8%の増加(2年連続の増加)だった。(2012/1/31)

新設住宅着工戸数は4か月連続の減少
 国土交通省が発表した12月の新設住宅着工戸数は、69,069戸で前年同月比7.3%減、4か月連続の減少となった。減少幅は前月の0.3%から大幅に拡大した。このうち分譲住宅は19,523戸で同2.2%の減少(3か月ぶりの減少)。分譲住宅のうちマンションは9,182戸で同5.6%の減少(3か月ぶりの減少)、一戸建住宅は10,261戸で同0.8%の増加(2か月連続の増加)だった。分譲マンションの地域別では首都圏の22.0%減、中部圏の44.4%減が大きかった。(2012/1/31)

木造3階建て戸建住宅は2か月ぶりの減少
 国土交通省が発表した11月の木造3階建戸建て等住宅の棟数は2,232棟で前年同月比0.9%減、2か月ぶりの減少となった。このうち防火地域内の棟数は19棟、準防火地域内の棟数は1,608棟で同2.7%減、2か月ぶりの減少となった。(2012/1/31)

住宅エコポイント受付累計が120万戸を超える
 国土交通省が発表した12月の住宅エコポイント(旧制度)申請状況は、新築住宅が39,350戸、リフォームが7,528戸で、合計は46,878戸だった。平成23年7月末までの着工分で締め切られたものの、新築の申請は依然として高い水準となった。制度開始からの受付累計戸数は120万戸を超えた。(2012/1/27)

住宅性能評価、設計は5か月連続の減少
 国土交通省が発表した11月の住宅性能評価実績では、受付ベースで設計が18,824戸となり前年同月比2.5%減、5か月連続の減少となった。建設は15,522戸で同2.1%増、3か月ぶりの増加となった。制度運用開始からの累計では、設計住宅性能評価の交付戸数が180万戸を超えた。(2012/1/25)

東京都は固定資産税等の軽減措置を継続
 東京都は23区を対象として独自に実施している小規模住宅用地に対する都市計画税の軽減措置(2分の1)、小規模非住宅用地に対する固定資産税・都市計画税の減免措置(2割)、商業地等に対する固定資産税・都市計画税の負担水準の上限引下げ措置について、平成24年度も継続することを発表した。(2012/1/20)

首都圏新築マンションの年間発売戸数はほぼ前年並み
 不動産経済研究所が発表した2011年の首都圏マンション市場動向では、年間供給が44,499戸で前年比0.1%減、ほぼ同水準にとどまった。震災による影響を受けたものの、後半に持ち直した。地域別では東京都区部が4.8%減、東京都下が23.6%増、神奈川県が12.8%増、埼玉県が5.1%増、千葉県が29.6%減だった。一方、震災の影響がないとされる近畿圏は前年比6.9%減の20,219戸にとどまった。(2012/1/19)

首都圏新築マンション発売戸数は2か月連続の増加
 不動産経済研究所が発表した首都圏マンション市場動向では、12月の新規発売戸数が8,017戸で前年同月比8.5%増、2か月連続の増加となった。都下が約2.5倍、埼玉県が約58%増、神奈川県が約20%増だったのに対し、千葉県は約19%減だった。契約率は同0.3ポイントアップの78.9%で、4か月連続の70%台となった。一方、近畿圏における12月の新規発売戸数は2,427戸で前年同月比44.3%増、2か月ぶりの増加となった。(2012/1/19)

長期優良住宅の認定は4か月連続の減少
 国土交通省が発表した12月の長期優良住宅認定戸数(岩手県・宮城県を除く暫定戸数)は一戸建て住宅が8,229戸、共同住宅等(マンション以外を含む)が40戸で、合計が8,269戸だった。前年同月比では4か月連続の減少となった。(2012/1/13)

東京都の住宅着工は分譲住宅が3か月連続の減少
 東京都が発表した11月の新設住宅着工戸数は10,796戸で前年同月比2.9%増、3か月ぶりの増加となった。このうち分譲住宅は4,530戸で同4.2%減、3か月連続の減少だった。分譲住宅のうちマンションは2,986戸で同9.8%減(3か月連続の減少)、一戸建ては1,445戸で同3.2%増(3か月ぶりの増加)だった。(2012/1/10)



Copyright (c)2009-2014 Reex Brain All Rights Reserved.
本サイト内のすべてのコンテンツについて、無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。